日焼け 肌が赤くなる

敏感肌

日焼けをしても肌がすぐ黒くなり、赤くなったりヒリヒリもしない人は敏感肌の人から見ると羨ましくなりますよね?

 

でも、これは生まれ持ったものでもあるので、敏感肌の人はこれとうまく付き合っていく日焼け止めの方法を考えなければいけません。

 

日焼け止めはSPFが高いほうが効果ありますが、一般的にSPFが高い日焼け止めは、肌への負担がかかります。

 

敏感肌用と謳っている製品も実際に使ってみると、肌に合わなかったりすることも。

 

特に成分の一部である「紫外線吸収剤」がその原因のようです。
紫外線散乱剤には、微粒子酸化チタンや、酸化亜鉛がしばしば用いられるのです。

 

肌の質には個人差がありますので、特に敏感肌の方は日焼け止めをいくつか試してみるのがいいですね。

 

その場合、日焼け止めは、いきなり顔につけるのではなく、まず腕の内側など皮膚が弱く、あまり外に出ない部分で確かめてから使用するようにします。

 

赤くなったお肌には

やけど治療の分野でも注目されている「ゲンチアナ根エキス」など8種類の植物エキスが入った、こちらの商品がおすすめです。

>>イルコルポ ミネラルボディシャインジェル<<

ミネラルボディシャインジェル

 

皮膚科の日焼け止めも

敏感肌の方には基本的にはノンケミカル、合成界面活性剤不使用のものがおすすめです。
最近では、オーガニックのものがたくさんでていますので、こちらも試してみるといいと思います。

 

敏感肌用のものはSPF度は低くなりますが、こまめに塗るようにすれば効果的です。
ただ長時間の外出の場合は日傘や帽子で日よけをするなどの対策は必要だと思います。

 

また、皮膚科などでも日焼け止めを処方してくれるので、一度相談して専門医の指導を受けてみるのもいいでしょう。