SPF PA 意味

SPFとPA

日焼け止めで、「SPF」や「PA」という文字を見かけますよね?コレってどういう意味でしょうか?

 

「SPF」とは、Sun Protection Factorの略で、

 

どれだけ日焼けしにくいか?

 

を表しています。

 

 

 

例えばSPF20。
日焼け止めをせず15分で日に焼けたとすると、SPF20ならその20倍、つまり5時間日に焼けるのを防いでくれます。SPFは高いもので50です。

 

しかし、海やプールに入ったり汗をかいたりすると流れ落ちてしまうので、適度に塗り直す必要があります。
中には「塗り直し不要」と書かれている日焼けどめもありますが、どうしても焼けたくない場合は塗り直しをおすすめします。

 

 

「PA」とは、Protection grade of UVAの意味で、「+」「++」「+++」の三段階に分かれています。
もちろん一番強いのは「+++」です。

 

ハワイやグアムといった特に日差しの強い所はSPF40〜50、PA++〜+++がベスト。

 

でも普段の生活ならここまでは必要ないので、日差しの強い時期や時間帯、とにかく日焼けしたくない!といった場合でもSPF20〜30、PA+〜++ もあれば十分です。